イベント必死系(その3)

コメント受取った方があんまし興味無さそうなので、こちらでリンクしちゃいますけど、事務所(℃-uteの方ね)は読んで欲しいと思います。俺も、もうちょっとキレ気味の文章を書くように心がけようかな(苦笑)。

んで、もし、℃-uteイベで不都合を感じたり、こうして欲しい的な意見があれば、ウチのブログの上に「ハートプロジェクト」のリンクがありますので、そちらもご利用いただけると幸いです。スクロールが面倒な人はこちらをクリックしてください。事務所にまとめて送付するとのことですのでお気軽にどうぞ。リアル中高生さんも、昔中高生だったひとも。

以降は現場行かない人向け。
一方がもう一方を批判すると、もう一方の住人は反発するのは自然なことですが、℃-uteの場合は丁度娘。のラブマの頃のような現象が現場で起きています。これで駅伝映画でも作ったら、凄いことになりそう...それくらいニュージェネレーションが台頭しつつあるので、例えば古参ヲタが複数枚購入して最前付近に固執している云々というのは、まずピンと来ないと思います。それよりもそれ以前の段階でハードルを感じているのかもしれないですね。やっぱり金のかかる趣味なんですよ。複数枚購入とかではなく、ライブに行ったり、アルバム買ったり、写真集買ったりすること自体が。

若い人にとってお金はとても限られたもの。ファーストプライオリティに食われちゃう可能性が高い。ファーストプライオリティはスポーツだったり、ファッションだったり、アニメなどのオタク趣味だったり。そこでアイドル歌手をファーストプライオリティ化するように頑張るのもいいけど、セカンドプライオリティでも興味が持てるコンテンツが欲しいところ。というか昔の流行歌やアイドル歌手はセカンドプライオリティだったし、それでも売れていたはず。

それと、今回の件は、実はポッシ誘導にはほとんど役に立っていないという印象もある。オッサンヲタさんは一通り見ているだろうし。一方、ニュージェネレーションはベリキューに精一杯だから、現場でスレる必要がありそう(笑)。というか若年層は教室で可愛い子とおしゃべり出来るチャンスがあるだろうからね。